【住信SBIネット銀行】ログイン制限時間の調査してみた

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

以前、楽天銀行のログイン制限のネタを記事にしてましたが、結構アクセスしている方が多く、私と同じように困っている方が多いんだと実感しました。

そこで次は住信SBIネット銀行の場合はどうか?と思い調べてみることにしました。私もSBIネット銀行は活用しているので気になるところではあります。

ちなみに、楽天銀行の記事は以下です。

【楽天銀行】ログイン制限時間とおすすめパスワード設定
楽天銀行にログインしようとしたら、パスワード誤入力し、ログイン制限されました。ログイン制限は所定の時間で解除されるようですのでその時間について記述。また、パスワードの設定変更でわかったことがあるので、記述しておきます。

スポンサーリンク

ログイン制限・ロックが生じる誤入力回数は3回

まず、ログイン制限がかかるまでの入力回数です。今回はPCのウェブブラウザ版で確認してます。

3回誤入力をすると、ログイン制限が掛かりました。次から正しいパスワードを入力しても以下の画像のように『一定時間アクセスを停止させていただきます』と出てきます。

次に、この『一定時間』が一体何分、何時間なのか?について調べた結果を示します。

一定時間は、、、なんと5分!

見出しに結果を載せてますが、一定時間は5分です。。。めちゃ短いです。5分後にロックが解除されることを確認しました。楽天銀行の時は30分でした。

ちなみに調査結果は以下の表の通りです。

経過時間 1分後 2分後 3分後 4分後 5分後
ロック解除 × × × ×

最初は5分おきに調査して確認するつもりだったんですが、、、5分でロックが解除され、ログインできるようになったので拍子抜けしました。

少しセキュリティ上心配ですね。。。

5分で再ログインのトライができるということなので、非常に覚えにくいパスワードを設定することをお勧めします!

逆に言えば安心して間違えられます。笑

パスワードの再発行も簡単

以下が必要ですが、再設定もすぐにできます。5分くらいですかね。

  • 支店番号3桁+口座番号7桁
  • 認証番号表が記載されたカード
  • SMSか電話が使えるスマホやケータイ電話(SBI登録済の電話番号)

短い時間でできるので、上述の通り、非常に覚えにくいパスワードを設定することをお勧めします!

スマホの場合は生体認証がおすすめ

最後に、、、スマホアプリでSBIネット銀行を使っている方で、スマホに生体認証センサがついている場合は、生体認証を活用した『スマート認証NEO』というサービスがとても便利です。

ログイン時にID・パスワードが不要になります。生体認証をするだけで簡単にログインできるので便利ですし、非常にセキュリティ上、安全です。

以上。住信SBIネット銀行のログインパスワード制限に関する記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました